« アジア選手権2次が合宿終了 | トップページ | やるしかない 長谷川雄太 »

2012年10月 9日 (火)

本日は南のかなた鹿児島県からお送りいたします!


こんにちは!
今日はNAIA Finswimming team関野義秀が担当いたしますsun
簡単に自己紹介します☆(Facebookこちら!)
D

<所属チーム>
NAIA Finswimming Team

<出身>
神奈川県平塚市
いちお俗にいう湘南ですwave^^

現在は鹿屋体育大学大学院に在籍していて、
鹿児島県鹿屋市に住んでいます。
鹿児島はかなりの田舎です。。なまりもすごいです!!!
でもそんな鹿屋が今はわっぜ大好きで、居心地良すぎです!!
中でも桜島のエネルギーは最高ですsign03
P7170219_4


鹿児島では、KTSナマ・イキVOICEの2012年のひこ星にも選出されましたshine^^
その時に庄村さんとみえさんに一緒にとって頂いた宝物の一枚sign01heart01120707_19_27_06
しっかり鹿児島の人気テレビ番組でフィンスイミングの宣伝させて頂きましたnote


<好きなもの>
安室ちゃん,CHEMISTRY,スヌーピー,プロレス(WWE),
ラーメン,サッカー,インディアカ,Joyfull,,,,等々たくさん!
多趣味なのでいろいろ話してくださいnote


さて、去年から始まったこの代表ブログですが、
今年も参加できて光栄です☆
僕は高校3年生の時にアジア選手権に出場し、
アジア新記録で優勝dash金メダル銀メダルを獲得しましたcrown
その後、ワールドカップ・アジア選手権・世界選手権等に出場しています。

今年のベトナム大会では400mSF、800mSF、4×200mリレーに出場します。
全ての種目で日本記録突破を目標に頑張ります。
 
今まで国際大会でベストタイムを更新できたことが少ないので、
しっかりと本番で良いパフォーマンスを発揮できるようにしたいと思います。

 
Start




H/K普段はこの広いプールで一人さびしく練習しています。

P4140028_2

他の選手もそうですが、フィンスイミングには
コーチが少ないので、皆自分たちで日々模索しながら
トレーニングに励んでいます!



他の競技に比べて、そういった面では厳しい環境にありますが、
逆に、フィンスイミングをしていることで、競技者として、
人として成長でき、様々なことを学ぶことが出来ました。

また、今年の夏はこのプールで鹿屋合宿を開催したのですが、
先輩・後輩がわざわざ鹿屋まで来て参加してくれました。
練習はもちろん厳しい内容でしたが、とても楽しく充実していて、
このような仲間と出会えたことが一番の財産かなと思いますshine
Img2


フィンスイマー仲間や応援してくれる人たちがいるからこそ、
僕は普段も試合でも頑張ることが出来ています。
試合のレースの最後の25mは応援してくれている人たちの
言葉や顔が頭に浮かんできて、原動力となることが多々ありますup

もっともっと日本のフィンスイミングを活性化させられる
若い力としてこれからも頑張っていくので、
みな様、これからも応援宜しくお願い致します。

545744_291773114247491_100002444156


最後になりますが、
この日本代表ブログとは別に、
僕の競技支援のホームページを紹介致します。

こんな関野義秀を応援して下さる方
こちらから無料のファン登録というものをしていただけるだけで
とても嬉しく、励みになります!!
5分でできますので!!!

ここでは、さらに日々様々な情報をアップしていきますので
是非ご覧ください☆
また、競技生活を支援・援助して下さる方、企業の方も
こちらからコンタクトをお願い致します。

なお、迷惑メールや余計なメルマガ等は着ませんので
ご安心ください。
14617262_1265491588_117large



それでは、バタバタしましたが、しめさせて頂きますm(_ _)m

明日の担当は今最も勢いと力のあるフィンスイマー
長谷川雄太選手です!!
乞おうご期待☆

また僕のホームページでお会いしましょう^^
2_20110622_1507

|

« アジア選手権2次が合宿終了 | トップページ | やるしかない 長谷川雄太 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1517020/47376851

この記事へのトラックバック一覧です: 本日は南のかなた鹿児島県からお送りいたします!:

« アジア選手権2次が合宿終了 | トップページ | やるしかない 長谷川雄太 »